採用情報

社員紹介

社長からアドバイスを求められるようになった、3年目。

株式会社SRC リクルーティング事業部
企画営業 統括マネージャー
2004年入社

仕事のおもしろみは?

「事業のおもしろみ」と「会社のおもしろみ」の二側面があると思います。まず、「事業のおもしろみ」 は、会社・お店の根幹をなす"人材"に関わるという部分。会社やお店にとって人の採用はなくてはならないもの。自分が考えた企画や広告で、お客様の事業計画を左右してしまう事もあります。責任の重さもありますが、その分成功した時の嬉しさが大きい仕事です。また、「会社(SRC)のおもしろみ」 は、若いうちからリーダーやマネジャーの仕事を任せてもらえる事。「チームを持ち、チームの皆で一緒に物事を達成する為にはどうしたらいいのか?」ということを自ら考え、実行する経験が早いうちから出来るところです。

仕事がおもしろいと思い始めたの
はいつから?

3年目辺りからですね。人の採用に関する自分の知識が、お客様に追いつくことが出来たと感じたのがその頃なんです。入社してしばらくは、お客様の方が人の流れや人材採用に詳しい状態でした。人の流れやサイクルは1年周期なので、最初の1年は全てが初めてのことで、とにかくがむしゃらにやるだけ。2年目でもう一回おさらいをして、抜けている部分を穴埋めしていく。3年目でようやく慣れ、お客様に先回りしたアドバイスが出来るようになる。それくらいになると自分からの発信を増やすことが出来るようになり、お客様からもプロとして見て頂けたり、年上の経営者の方からもアドバイスを求められたりして、おもしろみが増してきましたね。

営業する上で
一番重視していることは?

お客様の期待をちょっとでも超える事。スピード、クオリティ、対応、成果…どれかひとつでも、お客様の期待を少しでも超えようと思っています。期待通りの事をするのは 当たり前のこと。自分を選んでもらう為には、その期待を超えなければならない。また、超える事で他の営業や競合媒体への優位性も出来る。単なる媒体売りではない。自分がいる意義はそこにあると思っています。

仕事をする上で
大切にしている部分は?

「自分で楽しむ事」。正直、仕事ですので楽しい事ばかりではありません。実際は楽しい事の方が少ないと思います。ですが、それはSRCの仕事に限らず全ての仕事に言えること。要は自分が"楽しむ事"が出来るかどうかだと思っています。楽しい仕事を待っていたら、成長はそこまで。自分の器に収まる仕事をすることしか出来ない。楽しくない仕事は、自分が出来ない事・苦手な事なので、それを"楽しむ事"で、その課題をクリアし、成長に繋がると思います。「出来ないことを出来ないと受け止めて、それが出来るようになる為に進んでいくこと」。それが大切。