採用情報

社員紹介

常にお客様のことを考える事、それが大切な事。そしてそれは絶対に結果として現れると気付いた。

株式会社SRC
リクルーティング事業部 企画営業 ユニットリーダー
2013年新卒入社

SRCを選んだ理由は?

「営業職」という軸で就職活動をおこなっていました。営業の中でも僕がやりたかったのは、「提案営業」。でも、商品ありき、ブランドありきの営業には興味がなかった。形ある物を売るのは、僕でなくても出来るから。お客様の話を聞いて、お客様の課題に対して提案できる形の営業がやりたかったというのが就職活動の一番の軸でした。そんな中で参加した、SRCのグループ選考会。最初から社長が出てくるのは珍しいな、というのがまず率直な感想、そしてインパクトがありました。直接、横山さんの話を聞けた事は嬉しかったですし、SRCは会社の方向性を従業員にもきちんと伝えてくれる会社だと感じました。

お客様の元へ訪問するにあたり
工夫していることは?

僕、何回も訪問するんです。2週間に1回、多い時は1週間に1回。大体3回目ぐらいから、「あ、また来たな」と顔を覚えてもらえますね(笑)でも、ただ顔を出すだけでは、お客様にとって何のメリットもない。だから、必ず何かお客様に役立つ情報やツールを持っていくこと、そして1回の訪問で絶対に長居をしないことを徹底しています。訪問はお客様のお時間を頂く事。だから、絶対にお客様に負荷がかかるような訪問はしません。

お客様に役立つ情報って?

お客様の地域の掲載事例や、過去にご掲載頂いた事があるのであれば過去の原稿。そして、自分なりに調べ、考えて勝手に作ったお客様の原稿等です。何もない状態より「原稿」という形になっていた方が、お客様もイメージが湧きやすいのでは、と考えました。原稿を考えるのって、僕らが思っている以上にお客様にとっては負荷のかかる事だと思うんです。いかにお客様に手間をかけさせないようにするにはどうしたらいいのか?を考えて営業をしています。

一番の失敗談を教えて下さい。

あるお客様から「ちゃんと提案をして欲しい」とお叱りをうけたことです。お客様には、提案を待ってる方と自分で考えたい方と両方いらっしゃいます。僕の勝手な思い込みで、後者の方だと思ってしまった。そこでたくさんの事に気付かされました。思い込みはダメだ、と。その後は、どんな状況であれ、まずは「提案」をすることを徹底しています。