人・企業・地域と関わる
ソリューション・カンパニー

その地域だから、できること。

私たちSRCは、地域に豊かさと発展をもたらすことをミッションに、
地域の人と企業に関わる事業を展開しているグループです。

求人広告地域支援出版放送

地域にとって、まるでインフラのように、なくてはならない存在へ。
素敵なお店に囲まれ、生活を楽しむ人の笑顔が集まる。
そんな、いい街をつくりたくさんの幸せを生み出す、お手伝いをします。

SRCグループトップページへ

人・企業・地域と関わる
ソリューション・カンパニー

営業も、訪問も、
やりたくなかったんです。
実は

営業も訪問も、やりたくなかったんです。実は。

企画営業株式会社SRCパートナーズ

Recipe編集部

2013年新卒入社

SRCパートナーズを選んだ理由は?

実は・・・就職活動の時「やりたくないことリスト5」を作ってみたんです。その中には「営業」「訪問」「テレアポ」この3つがしっかり書かれていました。で、ふたを開けてみれば見事にそれらを網羅したこの営業職に就いています(笑)。

その営業職に応募した理由は?

「営業募集」と分かっていながらも受けようと思ったのは、営業だけにとどまらず、ライター・カメラマンなど、様々な仕事を1人でこなせるように成長していくことができる環境があると感じたからです。私は写真を撮ることが好きだったので、この仕事にとても魅力を感じましたし、自分の行動や提案がダイレクトにお客様のお役に立つことができるということにもやりがいを感じました。
あと、面接の帰り道で、たまたま満面の笑みで自転車を押しながらお客様とお電話をしている社員の方を見かけて、その時に営業のイメージがガラリと変わりました。単純なんですけど、もともと持っていたイメージが吹き飛ばされるほどに。生き生きと働く先輩たちがいる、この会社好きだな、と感じたのを覚えています。

営業を通じて、嬉しかったエピソードは?

もう1年以上担当しているお客様なんですけど、入社当初、緊張しすぎて商談するにも打ち合わせするにも、顔面蒼白でした。お客様も「…この子大丈夫?(笑)」って思ってたはず。それから1年経った頃に、「あのときの亀井さん、やばかったね(笑)」と笑い話をするようになったり、「仕事早いね!」とおっしゃっていただけるようになりました。期待される以上のことをしようと心がけていたその積み重ねで、お客様との信頼関係を築くことができたと思っています。今では、ビジネスライクな付き合いではなく、雑談だけして帰ることもあるほど。店長さんの温かい人柄を感じてとても嬉しく思いますし、もっと力になれるように頑張りたいと思いました。

最後に、「ユニットリーダー」になった今の気持ちは?

一緒に頑張っていける仲間が増えたことは、とても嬉しく思います。私の先輩方がそうだったように、後輩の悩みにもしっかり向き合ってあげたいと考えています。その反面今まで以上に、自己管理も大事になってくるだろうと感じています。どんな状況であれ、今までのスタンスを変えずに自分自身も新規・売上を達成すべく楽しみながら一緒に頑張っていけたらと考えています。