代表あいさつ

地域の発展とSRCグループの
発展が同期するビジネスモデルへ。

SRCグループ社長
 SRCグループは、創業から30余年に渡り、地域に根ざした事業を運営してきました。現在ではグループ5社が一貫して『地域の人と企業に関わる』事業を展開しています。
私たちが発信する情報や事業を通じて人が動き、人が動けば経済が動く。経済が動けば栄えていく企業やお店が増えていきます。それが地域の活性化につながり、地域に豊かさが増えていきます。
その揺るぎない感性をもって地域にフォーカスし、地域の発展とSRCグループの発展が同期(synchronize)していく事業への挑戦を行ってきました。

具体的には、私たちが地域の課題を解決する仕事(Solution sales)を行っていくことで、人と人、人と企業の豊かな関係性(Rich relations)を創造します。またこれらを実現するために、人材の育成(Careers creation)に絶え間なく力を注いでいます。

SRCグループの従業員一人一人がこれらの活動を通じて、地域の生活や仕事をする人にとってなくてはならない存在となること。それが地域の一機関(Institution)としてのSRCグループの存在意義であり役割でもあると考えています。

「地域に豊かさと発展をもたらす」という私たちのミッションを果たすことで、SRCグループが正しく、かつ有益に存在し、それによる収益を長期的視野で地域と従業員に還元していくこと。

これらの方針でこれからも一生懸命事業を行ってまいります。
横山 剛よこやま たけし
SRCグループ CEO
兵庫エフエム放送株式会社(Kiss FM KOBE)
代表取締役社長
特定非営利活動法人 神戸ファイニーズ 専務理事
全国FM放送協議会 理事 
株式会社ジャパンエフエムネットワーク 取締役
甲南大学文学部卒 神戸大学大学院経営学研究科修了 (MBA) 同博士課程後期在学中。立命館大学・近畿大学・神戸芸術工科大学 講師(非常勤)、神戸学院大学 客員講師。神戸市「デザイン都市・神戸」創造会議委員 兵庫県「阪神南地域産業戦略研究会」委員、神戸市「こどもの創造的学びに関する研究会」委員等を歴任。現在も『学生起業家』として新規事業に挑戦しつつ地域の若者教育と起業家支援にも力点を置く。学術領域における専門はマーケティング。大学では事業創造論・企画デザイン論・サービスマネジメント論・マーケティング戦略論などの講義を担当。好きな学問は西洋哲学と心理学。趣味はラグビー(未だ現役)。自称「愛」研究家。座右の銘は「人間万事塞翁が馬」。尊敬する人は冒険家、植村直己さん。