お客様の心を掴む秘訣は、
まずは自分からギブすること。
そうすれば自然と関係が築ける。

ネットメディア株式会社
メディア事業
企画営業グループ ユニットリーダー
企画営業

お客様の心を掴む秘訣は、
まずは自分からギブすること。
そうすれば自然と関係が築ける。

ネットメディア株式会社
メディア事業
企画営業グループ ユニットリーダー
企画営業

profile

甲南大学 理工学部卒業 2014年入社

思いがけない理由からの転職が
SRCとの出会いを生み出す

SRCには第二新卒として中途入社し、現在はネットメディアで企画営業をしています。大学生時代に学園祭の実行委員を務め、協賛企業を集める活動が楽しかった経験から、就職も多くの人と関われる営業職を希望しました。実は保険会社に就職が決まっていたのですが、いざ入社というタイミングで配属先が希望していた部署とは異なり悩んだ末に、転職を決意しました。
SRCとの出会いはエージェントの紹介でしたが、話題になったグルメガイド本を扱っている会社であることを知り興味を持ちました。さまざまな店舗を訪問する営業職として働けることは、まさに自分のやりたい仕事だったからです。面接では厳しい質問をされることもありましたが、そんな局面でどういう対応ができる人間なのか、簡単に折れる人間ではないかを見られているように感じました。人間性を重視してもらえる環境にも興味を持ち、入社を決めました。

お客様のニーズに応えるために
考え抜くのが企画営業のおもしろさ

企画営業としての仕事内容は、自分が担当するエリアの飲食店を訪問し「食べログ」「Retty」「ヒトサラ」等のメディアへの掲載や、Googleマップで効果的に店舗情報を提供するMEOというサービスの提案です。まだ取引のない店舗に新規訪問が多いので、まずは話を聞いてもらうための工夫が必要となります。いきなり情報掲載を提案しても興味を持ってもらうことはできません。その店舗が困っていることがないかをヒアリングし、集客のための企画を提案するなどコンサルティング的な働き方も必要となってきます。そのために、世の中にはどんなツールがあるのか、他店がどんな手法を用いているかの事例や情報収集は欠かすことができません。自らアンテナを張ることはもちろん大事ですし、ネットメディアでは毎日朝会をおこなって部署のメンバーと情報を共有しています。各自が月1回の担当制で、自分でリサーチした飲食業界にまつわる情報を発表することで、常に最新の業界情報をお客様に提案できるよう心がけています。

先輩に成長させてもらったように、後輩に刺激を与える存在でありたい。

入社当初は先輩のアドバイスを聞かず、我流を貫くばかりで周りを困らせてしまっていました。「新規営業で」と言われていましたが、効率を求めてSNSのDMでお店にコンタクトを図っていましたが一向にアポさえも取れず、先輩からのアドバイスで足を運んで顔を覚えてもらった時にやっと初仕事を取ることができました。
仕事でいちばん嬉しかったことは、担当しているお客様が別店舗に転職された後も担当をお願いしたいと連絡をいただいことです。信頼してもらえる関係性を築くことができた結果であり、先輩からの教えの大切さを実感しました。
現在はユニットリーダーを任され、メンバーをサポートしながら売上目標を達成するためのマネジメント業務もおこなっています。新規開拓が目的のユニットなので目標達成は大変ですが、まずは自分が実績を築いていくことでメンバーに刺激とやる気を与えられるように件数の獲得は常に意識しています。

どれだけ役職が
上がったとしても、
新規営業は続けていきたい。
お客様と接すると、
元気も、たくさんの学びも
いただけるから。

SCHEDULE

  • 朝会

  • メールチェック
    担当店舗の
    効果を確認

  • 昼休み

  • 新規店舗の開拓

  • 既存店フォロー
    企画立案

  • 業務報告まとめ

  • 終礼

  • 帰宅

コミュニケーションが活発な雰囲気が楽しい

社内は皆が仲良く、明るくてコミュニケーションが活発な環境です。僕は部長と、毎週水曜日にランチに行くことにしています。普段は愛妻弁当の部長ですが、水曜日は奥様にお弁当づくりを休んでもらってコミュニケーションの日としてくれています。入社試験の社長面接で将来何がしたいと聞かれた時に「親孝行したい」と答えたのですが、社長と廊下をすれ違う時に「親孝行してるか?」と聞いてくれるのも嬉しいです。

インタビュー

募集要項

SRCグループ 採用情報