営業を身近で支える。
その使命と責任感に
やりがいを感じています。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
総合企画1グループ
営業アシスタント

営業を身近で支える。
その使命と責任感に
やりがいを感じています。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
総合企画1グループ
営業アシスタント

profile

神戸大学 発達科学部卒業 2018年入社

「もっと人のために働きたい」
その思いからSRCへの転職を決意

新卒で旅行代理店に入社し、カウンター業務に2年ほど従事していました。仕事は楽しかったのですが、ご来店されるお客様に対して短時間で旅行のご案内をするだけの人間関係に、申し訳なさを感じるようになりました。旅行というのは、人生において大きな楽しみのあるイベントです。そこに関わることができるのに、わずかな時間だけで本当にお客様に対して親身になれているのかと考えるようになったからです。自分が役に立てているのか夢で悩んだこともあり、もっと人のために深く関われる仕事がしたいと考えるようになり転職を決めました。
今まではお客様のサポートをしてきましたが「社内の人をサポートする立場の方が、より親身で丁寧に人のために役立つことができる」と考えて、、SRCを志望しました。お客様の満足という目に見えないサービスを提供する仕事内容が前職と似ていると感じたこと、面接で話をしている時も私の考えや価値観に興味を持ってもらうことができ、話しやすく居心地がよかったので入社を決めました。

業務の中の小さな心配りが
大きな結果のサポートに繋がる

入社後は、営業アシスタントとして働いています。SRCとお付き合いのある既存のお客様対応と、営業職のサポート業務が仕事内容です。営業から依頼のあった求人原稿の作成、お客様への原稿提案、掲載後フォロー、お客様に提案する際に必要となる過去の事例探しなどが主な業務内容となります。 営業は同時にたくさんのお客様対応が必要な時もあり、非常に忙しい仕事です。そんな様子をいつも側で見ているからこそ、少しでも負担を軽減する役に立ちたいと考えています。お願い事をされた時は、作業中であってもいったん手を止めて、体ごと相手を向いて話を聞くように心がけています。私に対して仕事を頼みにくい印象を与えてしまうと、結果として売上に響いてしまうかもしれません。最善の気配りと心配りで営業が働きやすい環境をつくることが会社に貢献できることと考えています。

仕事だからと割り切らない。
思いやりのある人が集った会社

SRCの営業は何がなんでも売上を上げようと考えるのではなく、まずはお客様のためになること考えましょうというスタンスの人が多い。「営業だからこうしなければならない」といった概念に縛られない社風があり、一人ひとりの個性を活かしてお客様と接していると感じます。働いている姿をいちばん側で見るアシスタントをしているからこそ、もし自分がお店の経営者だと想像した時にSRCの営業だと話しがしやすいし、ビジネスライクではないので信頼できるだろうなと思います。
社内の雰囲気は、社員同士が信頼関係で繋がっていると感じます。後輩からの質問に対しては上司がしっかり答えているなど、風通しのよい社風ができています。私も営業の皆さんを信頼していますし、役に立てることは何でもしてあげたいと思います。外回りから帰ってくる時にお菓子などをお土産に買ってきてくれる方もいて、そんな気遣いも「明日もがんばろう」と思わせてくれるモチベーションになっています。

相手の気持ちを考えて
行動できる人が
集まっている会社だから、
どんな仕事でも頑張ろうと
自然に思うことが
できています。

SCHEDULE

  • 出社
    ミーティング

  • 原稿作成
    営業のサポート

  • 昼食

  • 原稿作成
    営業のサポート

  • お客様へ電話

  • 営業のサポート

  • 帰宅

状況に合わせて1日の流れは変わります

営業アシスタントの仕事の特性から、1日のスケジュールはバラバラです。営業の人たちのスケジュールに合わせて日々の業務をこなし、昼食も他のアシスタントとできるだけ時間が被らないようにひそかに心がけています。お客様との電話対応も大切な仕事ですので、事前にお客様のサービスを勉強したり、これまでの提案内容の効果を調べたりする時間も多いです。最初は電話対応に緊張しましたが、今は自信も付いてきました。

インタビュー

募集要項

SRCグループ 採用情報