採用の面から
コンサルティングが
できると知った。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
姫路第1グループ
企画営業

採用の面から
コンサルティングが
できると知った。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
姫路第1グループ
企画営業

profile

甲南大学 文学部卒 2019年中途入社
2021年より教育担当に任命

ストレスで折れてしまった前職の銀行員時代

僕は新卒で地方の銀行に就職したのですが、厳しい上司が多く仕事で行き詰まり。委縮した結果ミスが続き、さらに怒られる、のループが続き精神的な負担が多くなっていました。僕のことを気遣ってくれる人も多かったのですが、営業としてデビューする前の、銀行の業務を学ぶ期間に離職することになり悔しい想いもありました。改めて仕事を探し始めたときに、コンサルの仕事をしている先輩がいて、その人の仕事に憧れ最初はコンサル業界を見ていました。ですが、新卒1年で離職した自分はなかなか入れる企業がなく、採用コンサルという業務まで視野を広げて見つけたのがSRCです。どんな仕事をするかはある程度イメージできていたのですが、面接の場では逆質問の形でいろいろと話を聞かせていただき、地域のことを考えた事業展開に魅力を感じ入社を決めました。
とはいえ、前職の経験があったので最初は緊張しました。入社初日、入社式を経て配属先の姫路支社に着くまでずっとドキドキしていたと思います。ただ、支社についたとき先輩が「昼飯食べたん?」と声をかけてくれてすごく嬉しかったんです(笑)。「そんなことで?」って思われるかもしれませんが、前職ではなかった経験で。以降関わる先輩もやさしい方ばかりで、安心して職場に馴染むことができました。

求職者の方を幸せにしたい

この仕事を志したきっかけの一つが、求職者の方に合った仕事を見つけるお手伝いができるという点に魅力を感じたからというもの。親が一生懸命色んな仕事をして、苦労しながら僕を大学まで行かせてくれたのもあり、仕事を探す苦労をしている人のために働けると思ったんです。ただ、面接のときは「この仕事は企業の側に立つから、ギャップを感じるかもしれない」とは言われました。実際は、そんなことはなく。企業側に立っても、企業にとって最適な人材を採用することで、採用される人もそこで幸せに働けますから。どちらの視点に立っても、同じ結果を得られる仕事だったと思います。飲食店のアルバイトなど週2,3日の働き口でも、採用した人が前向きに働いているという話を聞けるととてもうれしくなります。

コンサルティングの面白さに気付いた

企業側に立って採用のお手伝いをすることで、採用コンサルという仕事の面白さも徐々にわかるようになってきました。この仕事は、単純に言えばタウンワークやリクナビNEXTなどの掲載枠を販売する仕事です。ですが、僕ら営業が介在する価値を提供できる仕事でもあって、「掲載するにしても、内容はどうするか」「この時給で人が集まるのか」と、専門的な目線で提案やアドバイスをすることができます。普通なら、20代の若造である僕の提案を、一企業の社長やお店のオーナーが聞いてくれるものではありません。SRCの営業として、対等な立場で提案できるのはとても貴重な機会です。
特に印象に残っている仕事は、お客様にアルバイトの運用制度に関する提案をおこなったこと。完全予約制の飲食店のお客様だったのですが、予約制だったために月のシフトもお客様ベースで不安定で。アルバイトの皆さんが困っていたんです。そこで「シフトに入った数で時給が上がる制度を取り入れてみては」と提案しました。結果として、求人の応募が増えるだけでなく、既存のアルバイトスタッフからも喜んでいただけました。このときに、求人媒体を売るだけでないコンサルとしての仕事ができる楽しさを実感しました。
結果的に、入社前に志していたコンサルに近い仕事もできるようになってきて、SRCで挑戦してみたいことはどんどん増えています。今はアルバイトの提案が中心で、それもとても楽しいのですが、ゆくゆくは社員採用の提案や新卒採用など、お客様の経営計画にもっと深く関わる仕事にも挑戦してみたいですね。

インタビュー

募集要項