持ち前の明るさと、
人が好きな性格を武器に
お客様をファンにする。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
神戸第2グループ
企画営業

持ち前の明るさと、
人が好きな性格を武器に
お客様をファンにする。

株式会社SRC
リクルーティング事業部
神戸第2グループ
企画営業

profile

神戸女子大学 文学部卒業 2017年新卒入社

地元兵庫で、多くの人と関わりながら働く
まさに自分が思い描いていた仕事でした

小学校と中学校はバレー部でキャプテンを務め、高校で知ったよさこいに大学で夢中になり、よさこいサークルに入っていました。大学では国際関係を専攻しており、アメリカに短期留学したり、カンボジアの孤児院を訪問して現地の子供たちと触れ合い、日本の服を届ける活動もしていました。とにかく人と関わることが好きで、仲間とひとつのことを作り上げることに興味がありました。就職もたくさんの人と関わりながら、その人たちのために働ける仕事を探していたところSRCの存在を知りました。説明会で話を聞く中で、人に感謝される・役立てる仕事が実現できる環境だと心が惹かれました。
また、地域に密着しての人材採用広告やセールスプロモーション、ラジオ放送局Kiss FM KOBEの運営など、地域を発展させる事業を展開していることにも興味をもちました。兵庫生まれなので地元で働きたい思いもあり、地元の人の役に立ちながら働く自分の姿をイメージできたので入社を決めました。

先輩社員にしてもらった以上のことを
自分が後輩にしてあげたいと思った

私は企画営業として、お客様を訪問して人材採用のための企画提案をしています。もうひとつ大きな役割として、新入社員の教育担当を務めています。新入社員に付いて仕事のサポートや、不安や悩みを抱えている時にはケアを担う役割です。上司から教育担当をやってみないかと言われた時は、何の迷いもなく引き受けました。せっかくの機会を与えてもらったことで自分も成長できると感じたことと、私自身も新入の時に教育担当の先輩に公私に渡って支えてもらったので、自分がしてもらったように何でも話すことができる頼れる存在になりたいと思いました。
 教育担当は制度として定められていますが、そのやり方は1人ひとり違います。社会人として最低限必要なことは全員が教えますが、新入社員と向き合い、どのような指導や対応が必要かは自分で考えていきます。相手を思いやるSRCの企業姿勢が現れた取り組みだと思いますし、マニュアルではない本音の関係が築けるからこそお互いに成長できるのだと感じます。

どれだけ自分のファンを作れるか。
その積み重ねが大きな成果に繋がるはず

私はこの仕事で大切なのは、自分のファンを作ることだと考えています。お客様に信頼してもらえなければファンにはなってもらえないので、どんなことでも真剣に誠実に対応するよう心掛けてきましたし、新入社員にもそう教えていました。
新入社員が初めてアポイントを取ったお客様のところに同行した時のことですが、約束の時間変更の連絡に行き違いがありいきなりお叱りを受けました。商談はなんとか問題なく終えることができたものの、今後の担当をどうしようかと考えていた時に「今後は気をつけてね」と新入社員がお客様から声をかけてもらいました。言い訳をせずに素直に謝る姿で許そうと思ったと言っていただき、その後も無事にお付き合いが続いているのが嬉しいです。 ファンを作るために、仕事以外の話をすることも重要です。私はこういう人ですと自分をさらけ出して、心を開いてもらうことが大切。飾らずに自分らしさを前面に出して、お客様にも後輩にももっと信用される存在になりたいです。

社員を型にはめるのではなく、
強みを活かして
活躍させてくれる会社。
自分らしく働きたいと
考えている人には
ぴったりな環境だと思います。

SCHEDULE

  • 出社

  • ユニットの朝会

  • お客様訪問

  • 昼食

  • 原稿作成発注
    アポの準備

  • お客様訪問

  • 帰社、原稿作成

  • 帰宅

情報共有を大切に多忙な日々も
乗り越えます

社内で過ごす時間よりもお客様を訪問する時間が多い営業だからこそ、情報共有が大切になってきます。ユニットでの朝会をはじめ仕事の合間に交わすコミュニケーションにおいても、相手がどんな仕事をしているのか、社内ではどんなことが起きたかを把握するように意識しています。相手を知ろうとすることで、自分のことも知ろうと思ってもらえる。その結果、忙しい時に助けてくれる人が増えるなどプラスになりますよ。

インタビュー

募集要項